アブラボウズ

カサゴ目 ギンダラ科
北太平洋深海の水深400mの岩場に生息。
伊豆大島付近では水深約1000mにも生息する深海魚。
脂が多く、食べすぎると油に当たるため、築地では、取引を控えているが、
静岡や小田原では普通に売られ、しかも高級魚である。
ちなみに小田原では「おしつけ」と呼ばれる。
おしつけとは、女中の言葉で毒見のこと。
体長1.5~2mの大型魚なので、仕入れの関係上、半身となった写真しか紹介できないのが残念。

カワハギ

フグ目 カワハギ科
北海道以南、東シナ海の浅い岩礁域と砂地の混ざるようなところに生息。
一年を通して入荷あり味も安定しているが、やはり、カワハギ最大のキモは肝。
肝が大きくなる晩秋から冬にかけてがもてはやされます。
善屋では圧倒的に刺身での提供が多いですが、油と相性のいい魚なので、
揚げたり、バターでムニエルにしても美味。

マサバ

スズキ目 サバ科
日本列島近海、世界の亜熱帯、温帯海域に広く生息。
日本の代表的な大衆魚の1つであるが、近年徐々に高価になりつつある。
また、ブランドサバなど、高級魚と言ってよいサバも増えてきている。
漁獲量も多いが、サバ大好き日本人の消費量をまかないきれず、
ノルウェーなどからの輸入も多い。
「秋サバ」の言葉もあるように、秋が旬ではあるが、もともと脂が多く、
通年でおいしく食べられる。

ソウダガツオ

スズキ目 サバ科
全世界の熱帯、亜熱帯海域に広く生息。
マルソウダガツオと、ヒラソウダガツオがいるが、写真はマルソウダガツオ。
「ソウダ節」とはこのマルソウダガツオを使った鰹節のこと。
スーパーなどではほとんど見かけないが、産地では限定的によく食べられている。
ヒラソウダのほうが脂ののりがよく、マルソウダよりも生食に適している。
マルソウダは独特の血合いの風味が好きな方や、その風味を生かした加熱調理に向く。

テングダイ

スズキ目 カワビシャ科
南日本、小笠原諸島。赤道を挟む中部・西部太平洋域。
水深40~250mの沿岸域に生息。
日本では特に小笠原諸島と伊豆諸島に多く、そのユニークな見た目が、ダイバーに人気。
名前の由来は見たまま、ずいっと飛び出たくちばしが、天狗のよう見えるため。
もともとは神奈川県三崎地方で呼ばれていた名前が広まったよう。
こんな見た目だが、刺身でも、焼きや煮でもよし。

トゲナガイサキ

スズキ目 チョウセンバカマ科
南日本~東シナ海。西部オーストラリア。
水深200m前後の大陸棚縁辺域に生息。
「トゲナガイサキ」はわりと近年につけられた新称で、
これまでは、「チョウセンバカマ」と呼ばれていた。
しかしまだまだ旧称チョウセンバカマのほうが有名。
水揚げは非常に稀な魚だが、身はクセの無い上品な白身。
刺身、塩焼き、煮つけなど、オーソドックスな調理法で。

アカハタ

スズキ目 ハタ科
南日本。インド・太平洋域。珊瑚礁域や沿岸の浅所~深所の岩礁域に生息。
赤いハタだから「アカハタ」。ハタ=アラ同様、高級魚として扱われています。
中華やイタリアン、フレンチでもよく使われ、主に蒸し料理(ポワレなど)が多い。
和食では、刺身はもちろん、やはり煮が美味。旬は夏だが、冬場の鍋でも人気の魚。

カワビシャ

スズキ目 カワビシャ科
銚子以南。中国沿岸、フィリピン、紅海、オマーン、南アフリカ。
水深100~300mの荒い砂底や岩礁域に生息。
あまり獲れず、不人気なので一般的に流通はしていない。
カワビシャ科の魚は見た目が面白く華やかなので、
ダイバーには人気が高いが、食用には敬遠されがち。
一尾さばいても取れる身が少ない、歩留りの悪さが不人気の原因かも。
しかし、その身は美味なので、捨ててしまうのはもったいない。
甘味のある白身で刺身がよい。

マトウダイ

マトウダイ目 マトウダイ科
本州中部以南、東シナ海。インド・太平洋、大西洋、地中海。
名前の由来は、身体の中心に的のような斑点があるところから的鯛、
また、地域によっては、顔が馬に似ているところから馬頭と書いて「ばとう」と
読んだからというのもあり。
肝がとても美味。刺身でも煮つけでも肝ははずせない。
マトウダイは大西洋や地中海でも獲れるので、フレンチなどでも馴染み深い。
ちなみに、フランスでは「サンピエール」というお洒落な名前で、
主にムニエルで食べられている。

クロムツ

スズキ目 ムツ科
北海道南部以南~本州中部大平洋岸。
幼魚は沿岸の浅所にいて、成魚になると水深200~700m岩礁帯に生息する。
あまり量が獲れないが人気があるため、デパートでは、切り身が、
ちょっと手が出せないというくらいの値段で売られていたりする高級魚。
刺身もうまいが、冬場の鍋物で人気。
脂がのった繊細な身は、西京漬けや幽庵焼きで食べても美味。

* RSS FEED