スミヤキ

スズキ目 クロタチカマス科
南日本の太平洋側、インド、西太平洋、大西洋の暖海域に生息。
「スミヤキ」は茅ヶ崎、小田原で呼ばれる地方名で、種名は「クロシビカマス」
同じ相模湾でも真鶴では「カラス」、三崎では「ナワキリ」「ガランチョ」の呼び名がある。
真っ黒な見た目からは想像できないほど、身はきれいな白身。
焼きで食べると美味しいが、骨が大変。
なんと、皮から体の中に向かって硬い骨がのびている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

コメントフィード

トラックバックURL: http://zukan.mismos.net/wp-trackback.php?p=80

* RSS FEED