アコウダイ

カサゴ目 フサカサゴ科
太平洋側では青森県から高知県沖、日本海側では新潟県から山口県沖に分布するが、
特に相模湾や駿河湾に多い。水深400~800mほどの深海にある岩礁域に生息。
深海から釣り上げるときには、浮き袋や眼球がパンパンに膨れあがって浮いてくる。
十数本の針に連なってアコウがかかり、次々に海面に浮いてくることを、
「アコウのちょうちん行列」という。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

コメントフィード

トラックバックURL: http://zukan.mismos.net/wp-trackback.php?p=4

* RSS FEED