メイタガレイ

カレイ目 カレイ科
生息域は北海道南部以南。黄海、渤海、東シナ海北部。
主に内湾から大陸棚付近の水深100m以下の、泥や砂地の海底で暮らしている。
体の形はひし形、底面に向ける側は白く、海面に向ける側は砂地を模した斑点模様、
そこに、目玉が2つ飛び出しているのが特徴的です。
目と目の間にトゲがあり、それを触ったら痛かったからというのが、
メイタガレイの名前の由来の1つです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

コメントフィード

トラックバックURL: http://zukan.mismos.net/wp-trackback.php?p=125

* RSS FEED