カテゴリー:メ

メダイ

スズキ目 イボダイ科
北海道以南の日本列島沿岸、朝鮮半島、台湾、東シナ海まで、東アジア沿岸に分布。
細身の体に対して目が大きいところから「メダイ」と呼ばれている。
「ダルマ」と呼ぶ地方も。
タナはマアジよりも深く、120~150m前後。
引きが強く釣り人に人気があるが、体表から多量の粘液を分泌するため、
そのヌメリがいやだと嫌う人も。

メイタガレイ

カレイ目 カレイ科
生息域は北海道南部以南。黄海、渤海、東シナ海北部。
主に内湾から大陸棚付近の水深100m以下の、泥や砂地の海底で暮らしている。
体の形はひし形、底面に向ける側は白く、海面に向ける側は砂地を模した斑点模様、
そこに、目玉が2つ飛び出しているのが特徴的です。
目と目の間にトゲがあり、それを触ったら痛かったからというのが、
メイタガレイの名前の由来の1つです。

* RSS FEED