カテゴリー:ア

アカメフグ

フグ目 フグ科
本州中部の太平洋に生息。
アカメフグは神奈川での呼び名。一般的にはヒガンフグ。
入荷量が少なく、フグの中でもあまり目立たない存在だが、味はいい。
当然、肝臓や卵巣などに毒を持つため、ふぐ調理師免許が無ければ調理は不可。
食べ方は刺身、鍋、揚物、焼き物なんでも美味。

アンコウ

アンコウ目 アンコウ科
北海道以南、東シナ海に分布。水深30~560メートルに生息。
旬は冬。やはり鍋で食べるのが最高。鍋では身の部分よりも骨ぎしや、
ぶよぶよとしたゼラチン質の皮の部分がより美味。
あん肝も一緒に入れればより濃厚に。
身は唐揚げが美味しい。肝も蒸すなどして鮟肝ぽん酢もいける。

アブラボウズ

カサゴ目 ギンダラ科
北太平洋深海の水深400mの岩場に生息。
伊豆大島付近では水深約1000mにも生息する深海魚。
脂が多く、食べすぎると油に当たるため、築地では、取引を控えているが、
静岡や小田原では普通に売られ、しかも高級魚である。
ちなみに小田原では「おしつけ」と呼ばれる。
おしつけとは、女中の言葉で毒見のこと。
体長1.5~2mの大型魚なので、仕入れの関係上、半身となった写真しか紹介できないのが残念。

アカハタ

スズキ目 ハタ科
南日本。インド・太平洋域。珊瑚礁域や沿岸の浅所~深所の岩礁域に生息。
赤いハタだから「アカハタ」。ハタ=アラ同様、高級魚として扱われています。
中華やイタリアン、フレンチでもよく使われ、主に蒸し料理(ポワレなど)が多い。
和食では、刺身はもちろん、やはり煮が美味。旬は夏だが、冬場の鍋でも人気の魚。

アワビ

ミミガイ科アワビ属の総称。
全国の岩礁、特に餌となる昆布やワカメなどの藻類が多いところに分布。
もっとも高価なアワビとして知られるのがクロアワビ。
他、エゾアワビ、マダカアワビ、メガイアワビなどがあるが、
どれもコリコリした歯ごたえと、磯の香りの高さが絶品。
火を通しても美味。

アコウダイ

カサゴ目 フサカサゴ科
太平洋側では青森県から高知県沖、日本海側では新潟県から山口県沖に分布するが、
特に相模湾や駿河湾に多い。水深400~800mほどの深海にある岩礁域に生息。
深海から釣り上げるときには、浮き袋や眼球がパンパンに膨れあがって浮いてくる。
十数本の針に連なってアコウがかかり、次々に海面に浮いてくることを、
「アコウのちょうちん行列」という。

* RSS FEED