カテゴリー:タ行

テングダイ

スズキ目 カワビシャ科
南日本、小笠原諸島。赤道を挟む中部・西部太平洋域。
水深40~250mの沿岸域に生息。
日本では特に小笠原諸島と伊豆諸島に多く、そのユニークな見た目が、ダイバーに人気。
名前の由来は見たまま、ずいっと飛び出たくちばしが、天狗のよう見えるため。
もともとは神奈川県三崎地方で呼ばれていた名前が広まったよう。
こんな見た目だが、刺身でも、焼きや煮でもよし。

トゲナガイサキ

スズキ目 チョウセンバカマ科
南日本~東シナ海。西部オーストラリア。
水深200m前後の大陸棚縁辺域に生息。
「トゲナガイサキ」はわりと近年につけられた新称で、
これまでは、「チョウセンバカマ」と呼ばれていた。
しかしまだまだ旧称チョウセンバカマのほうが有名。
水揚げは非常に稀な魚だが、身はクセの無い上品な白身。
刺身、塩焼き、煮つけなど、オーソドックスな調理法で。

ドンコ

タラ目 チゴダラ科
「ドンコ」が一般的な呼び名で浸透しているが、種名は「エゾイソアイナメ」
ただし、アイナメではなくタラ(チゴタラ)の仲間。
ルックスはイマイチな魚だが、身は淡白で美味。煮付けや丸焼きで。
この魚のキモは肝。冬場はアンコウ並みの大きな肝が入って美味。
開いて肝が入っていなかったらガッカリだ。

トビウオ

ダツ目 トビウオ科
太平洋、インド洋、大西洋の亜熱帯から温帯の海に生息する。
トビウオとは、ダツ目トビウオ科に属する魚類の総称で、
世界で約50種、日本近海でも約30種ほどいる。
日本の主なトビウオは、ツクシトビウオ、ホソトビウオ、
ホントビウオ、ハマトビウオなど。
大きく発達した胸ビレを翼のように広げて、海面上を滑空する姿は爽快。

ツブガイ

軟体動物門腹足綱(巻貝) エゾバイ科
つぶ貝とは、食用にされる一部の巻貝の通称で、特定の種や分類群を指すわけではない。
一般にツブと称されているのは、エゾバイ科の貝で、その中でもエゾボラ属や、
エゾバイ属など、中・大型で寒流系に棲む種がほとんど。
なお、エゾボラは「マツブ(真つぶ)」とも呼ばれる。
つぶ貝の魅力はなんと言っても、コリコリシャキシャキの歯ごたえ。
刺身でも火を通してもよし。

* RSS FEED