カテゴリー:サ行

スミイカ

コウイカ目 コウイカ科
関東以西、東シナ海、南シナ海の水深10~100mの砂泥底近くに生息。
一般的にはコウイカ(甲烏賊)、関東ではスミイカ。
ハリイカと呼ぶ地方もある。
孵化してから産卵するまで1年。産卵後死んでしまうので、
寿命は1年だが、大きく肉厚の身が取れるほど成長する。
身は天麩羅や刺身だけでなく、中華やパスタなど、
さまざまお料理に使えて、味も食感も良い。

ソウダガツオ

スズキ目 サバ科
全世界の熱帯、亜熱帯海域に広く生息。
マルソウダガツオと、ヒラソウダガツオがいるが、写真はマルソウダガツオ。
「ソウダ節」とはこのマルソウダガツオを使った鰹節のこと。
スーパーなどではほとんど見かけないが、産地では限定的によく食べられている。
ヒラソウダのほうが脂ののりがよく、マルソウダよりも生食に適している。
マルソウダは独特の血合いの風味が好きな方や、その風味を生かした加熱調理に向く。

スルメイカ

ツツイカ目 アカイカ科
日本列島沿海を中心とした北太平洋海域に生息。
スルメイカ漁獲量は日本が世界一であり、また、国内の魚介類消費量の筆頭でもある。
新鮮ならば、「いかそうめん」などの刺身が旨いが、とにかく、加工品も多い。
酒の肴のスルメしかり、塩辛、丸干し、一夜干し、酢イカなどなど。
また、もち米を詰めてイカ飯にしたり、肝も一緒に根野菜などと煮込んでもおいしい。

スミヤキ

スズキ目 クロタチカマス科
南日本の太平洋側、インド、西太平洋、大西洋の暖海域に生息。
「スミヤキ」は茅ヶ崎、小田原で呼ばれる地方名で、種名は「クロシビカマス」
同じ相模湾でも真鶴では「カラス」、三崎では「ナワキリ」「ガランチョ」の呼び名がある。
真っ黒な見た目からは想像できないほど、身はきれいな白身。
焼きで食べると美味しいが、骨が大変。
なんと、皮から体の中に向かって硬い骨がのびている。

サクラエビ

エビ目(十脚目) サクラエビ科
東京湾、相模湾、駿河湾の深海に生息している。
サクラエビ漁は、駿河湾で由比港漁協の蒲原、由比、および大井川漁協所属の
許可証を持つ船だけがをおこなえる決まりになっている。
春と秋に漁解禁となるが、春のサクラエビが特に風物となっている。

* RSS FEED