カテゴリー:ア行

お魚図鑑索引

あ行
アカハタ
アカメフグ(ヒガンフグ)
アコウダイ
アブラボウズ(オシツケ)
アワビ
アンコウ
イサキ
イシダイ
イナダ
ウルメイワシ
オオモンハタ
オコゼ
 
か行
カサゴ(ガシラ)
カナド
カワハギ
カワビシャ
キハタ
キンメダイ
クロダイ
クロムツ
コロダイ

さ行
サクラエビ
スミイカ(コウイカ)
スミヤキ(クロシビカマス)
スルメイカ
ソウダガツオ
 
た行
ツブガイ
テングダイ
トゲナガイサキ
トビウオ
ドンコ
 
は行
ヒラスズキ
ヒラメ
ホウボウ
ホタルイカ
ホッキガイ

ま行
マアジ
マサバ
マダイ
マトウダイ
メイタガレイ
メダイ
モクアジ(オキアジ)
 
や行
ヤリイカ

アカメフグ

フグ目 フグ科
本州中部の太平洋に生息。
アカメフグは神奈川での呼び名。一般的にはヒガンフグ。
入荷量が少なく、フグの中でもあまり目立たない存在だが、味はいい。
当然、肝臓や卵巣などに毒を持つため、ふぐ調理師免許が無ければ調理は不可。
食べ方は刺身、鍋、揚物、焼き物なんでも美味。

アンコウ

アンコウ目 アンコウ科
北海道以南、東シナ海に分布。水深30~560メートルに生息。
旬は冬。やはり鍋で食べるのが最高。鍋では身の部分よりも骨ぎしや、
ぶよぶよとしたゼラチン質の皮の部分がより美味。
あん肝も一緒に入れればより濃厚に。
身は唐揚げが美味しい。肝も蒸すなどして鮟肝ぽん酢もいける。

オオモンハタ

スズキ目 ハタ科
南日本。インド・西太平洋域。沿岸浅所の岩礁域か、
浅所~深所の珊瑚礁域に生息。その周辺の砂底にも。
似た魚にアズキハタがいる。味も似ているため、
魚屋でも名前をごっちゃにして売っているところも。
尾鰭が丸いのがアズキハタで、オオモンハタは三角。
旬は夏だが、ハタはとにかく煮てよし、鍋でうまし、
冬でも大人気の高級魚です。

アブラボウズ

カサゴ目 ギンダラ科
北太平洋深海の水深400mの岩場に生息。
伊豆大島付近では水深約1000mにも生息する深海魚。
脂が多く、食べすぎると油に当たるため、築地では、取引を控えているが、
静岡や小田原では普通に売られ、しかも高級魚である。
ちなみに小田原では「おしつけ」と呼ばれる。
おしつけとは、女中の言葉で毒見のこと。
体長1.5~2mの大型魚なので、仕入れの関係上、半身となった写真しか紹介できないのが残念。

アカハタ

スズキ目 ハタ科
南日本。インド・太平洋域。珊瑚礁域や沿岸の浅所~深所の岩礁域に生息。
赤いハタだから「アカハタ」。ハタ=アラ同様、高級魚として扱われています。
中華やイタリアン、フレンチでもよく使われ、主に蒸し料理(ポワレなど)が多い。
和食では、刺身はもちろん、やはり煮が美味。旬は夏だが、冬場の鍋でも人気の魚。

ウルメイワシ

ニシン目 ニシン科
全世界の熱帯・温帯海域に広く分布する。
特に暖流に面した沿岸海域に多い。
春から夏には北上、秋から冬には南下するという季節的な回遊を行う。
日本沿岸でも、夏は北海道沿岸に群れが出現する。
スーパーなどでは主に干物、メザシや丸干しで出回り、あまり鮮魚では見かけない。
鮮魚で手に入れば、刺身、塩焼きなどがおいしいが、
特に冬場の脂ののった時期ならば刺身や酢〆が美味。

オコゼ

カサゴ目 オニオコゼ科
本州中部以南、東シナ海に分布。
オコゼは希少な魚で、夏の高級魚として特に関西で好まれている。
関東ではかなり珍しい。
食べるのはオニオコゼという種類だが、背ビレには強い毒があるので、
取扱いには注意が必要。刺されると痛さで七転八倒して大変なことになる。

イナダ

スズキ目 アジ科
生息域は主に日本海南部と北海道南部-九州の太平洋岸だが、南は東シナ海、
北はカムチャツカ半島・東はハワイまでの北西太平洋に広く分布する。
イナダは言わずと知れた出世魚ブリの、出世途中の呼び方だが、
地方によって呼ばれ方はまちまち。
関東では「モジャコ→ワカシ→イナダ→ワラサ→ブリ」
関西では「モジャコ→ワカナ→ツバス、ヤズ→ハマチ→メジロ→ブリ」
など。

イシダイ

スズキ目 イシダイ科
日本近海に広く分布。特に西日本に多い。
磯釣りで人気の魚だが、白地に黒い縦じまの特徴的な姿は、
食用だけでなく観賞用でも人気。
くちばし状の硬く強い顎で、ヤドカリやサザエなどの貝も噛み砕いて
中身を食べてしまう。

* RSS FEED